ガチ勢の道も一歩から

無理のない範囲で雑多なブログを書いていきます。

身内に障害者がいるだけに、障害者をバカにする奴は絶対に許さない

顔に障害のある人を無断撮影してツイッター上にアップし書類送検された女子高生へ - だいちゃん.com

を読んで書こうと思った。

 

姉が障害者

自分は3人の姉がいて、本当にバラエティに富んでいて皆個性豊か。

少なからず自分の人格形成に影響を与えている。

 

2番目の姉は障害がある。

身内に障害者がいるというのはどれくらいの割合なのだろう。

 

想像できるかわからないですが、家族皆が結構苦労するんですよ。

学校とかだったらいじめの対象になったりする。

 

「お前のお姉ちゃんおかしくない??」

 

まぁ小学生だし仕方ないですよね。

まぁ言われる回数は結構多いわけで、その分いろいろとメンタルは鍛えられますよね。

 

親は結構大変で、何するにしても一緒にしないといけないので、旅行とかも気が抜けない。

誰かに任せる事も難しく、本当に休める時はないんだと思う。

 

 「パーフェクトベビー症候群」っていう言葉があって、これは自分の子供は健康な子供出会って欲しいという親の願望の事。

まぁそりゃそうでしょうね。

今では産まれるより前にその子に障害があるかどうかがわかるので、中絶する選択もできるらしい。

これが犯罪になるかどうかが議論になっていて、今では犯罪にならないのかな?

自分の子供が障害を持って産まれてきた時、親は絶望するらしいですね。

精神的にすごくまいるらしい。

そのため同じ境遇の親が集まるコミュニティなんかもできていて、そこで悩み相談をすることで、少しづつ自分の子供との付き合い方がわかり、結果産んでよかったという親も多い。

 

自分は境遇的に障害者に抵抗がなく、また使命的なものも感じているので、機会があれば障害者の境遇を改善することに関わりたい。

どうしても抵抗があるという気持ちがあるのはわかるので、自分がするべきなのかなという思いはある。

 

また、自分は姉に何かをしてあげれているわけではなく、その罪滅ぼし的な思いもある。

 

障害者をバカにする人たちへ

まぁ、今回は女子高校生ということなんだけど、どうなんだろ、年齢的に幼い人に考えて行動しろというのは難しいのかもしれない。

そして、そういうバカにされている障害者の人にとっては日常茶飯事で、バカにされていちいちへこたれるようなメンタルではないとは思う。

 

だけど、もし自分の関係するところでバカにされたらおそらく自分では止まらないくらいキレてしまうだろう。

いかに自分の行動が愚かだったか分かるまで問い詰めて、2度と同じことをしないようになるまで説教をすると思う。

被害者の周りにいる予想以上に多くの人が反撃することになるので、そこは覚悟しておいたほうがいい。

まぁそこまで考える頭があればやらないと思うんだけど…

 

障害者は別に劣ってるわけではない

姉を見て思うのは、まず真面目。

自分の100倍くらいきっちりしてる。

 

あと、人付き合いが上手で、すごいのは外人のお兄ちゃん(義理)と言葉も通じないのにコミュニケーションとっていること。

自分はコミュ障なのであまりやりとりできてない…あっ、自分も障害者か笑

 

障害者のためのバラエティ番組「バリバラ」というのを一時期見てて、みんないろんな悩みがあるんだなって思った。

 

www.nhk.or.jp

 

でもみんな明るい。

 

自分の将来どうなるかわからないけど、とりあえず今は能力をつけて、

いつかこういう弱者の立場を逆転できるような、そんな人になりたい。