ガチ勢の道も一歩から

無理のない範囲で雑多なブログを書いていきます。

ロバート企画in祇園に行ってきました(3回目)

f:id:kanachanta0916:20160416215142j:plain

 

 

僕はお笑いが好きで、田舎から関西に引っ越してきました。近くに劇場があるので、月に一回はお笑いを見に行っています。公演の前に次の月の予定が書かれたチラシが配られるので、それを見て来月の予定を決めます。今月(今日)はロバートが2ヶ月に1回くらいやっている「ロバート企画」というものに行ってきました。

 

 

natalie.mu

 

 

だいたいいつもの流れとしては、30分ほどフリートークをして、そこからパネルに書かれた企画(6個くらい)をランダムにやっていき、最後は体ものまでで締め、という感じです。フリートークが面白くて、今回は「なんで目薬ってすぐなくなるの?」っていう話から展開されていました。そして秋山は烏を呼べるという話から烏の鳴き真似講座が始まったのですが、これがめちゃくちゃ面白かったです笑。「カァカア」ではなく「アッアッ」っていう本当に聞いたことがある鳴き真似をしていて、実際に公園とかでやると烏が集まってくるそうです笑。

パネルに書かれた企画はおためし企画で、もし公演でウケたらテレビで使うというもので、今回は「ひろしの無茶振り紙芝居」や馬場ちゃんが先月の22日に誕生日だったので、めちゃくちゃクオリティの低い「フラッシュモブ」をやったり、ラジオ番組で使われるエコーを自分でつけてタイトルを叫んだり、ひろしの携帯に入れている即興音楽を削除する前に発表する式をしたりがありました。毎回色々な企画があるので、毎回違った面白さがあります。

最近だと「小学生が版画で書く顔のモノマネ」や早口を絶対に言える方法」なんかもテレビで見るようになりました。「あっ、これ前ロバート企画でやってたヤツだ〜」という発見があって面白いですよ。

 

 

秋山は架空の人物になってインタビューを受けるというイベントもやっており、今日もそのチラシをもらました。

 

honto.jp

 

本当にいそうな人物で、「えっ、こんなことやってたの⁉︎」と勘違いするくらいのクオリティです。ただ実際は嘘を4ページだらだらと書いているだけなので、本当に無駄なコンテンツですよね笑。そう考えて面白くなるっていう狙いだと思いますが。

色々な発想ができるのが秋山の強みなのかなって思いました。着眼点が面白くて、「いるいる」っていう人物のモノマネが出来ますし、何気ない出来事を「あれなんなの?」と掘り下げてそこに面白さを見出すことができるんだろうなって思いました。芸人さんはすごいですね!

 

 

来月は、最近今ちゃんの実はでちょくちょく見るようになった、「ファミリーレストラン」が出る「ファミリーレストランの滋賀ファミリー開幕祭〜住みます芸人も出るよ〜」を見に行こうと思います。

 

blogs.yahoo.co.jp

 

皆さんもよかったら、いらっしゃ〜せ〜^^